2017/7/18

与信管理的な部分では、いつも助けられています。

フロム・ファーストステップ有限会社

介護リフォームの住宅建材カタログ・ネット通販

まず事業内容について教えていただいてもよろしいでしょうか?

13年ぐらい前にファーストリフォームという住宅資材の販売のサービスを始めて、その半年後くらいから販売代理店として事業を展開しています。主に介護用の資材を取り扱っていて、全国の建設会社、工務店、住宅メーカーなど、多種多様な会員が利用しています。ネット集客を中心にしていて、WEB上で資料請求ができるカタログには介護商材が充実していますね。
当社はWEB広告の代理店もできるくらいのレベルでネットの集客に力を入れているので、通常の代理店と同じような勉強をしています。

建築資材系の通販会社というよりかはWEBマーケティングの会社といっても過言ではないですね。昔は客数を増やすためにランディングページやキャンペーンなどで一気に集客をしたこともあったのですが、稼働率というところを考えるとあまり芳しくなかったので、今は対応方法を変えて事業をしています。介護リフォームをやっているという事業者さんに絞って行っているので今は稼動率が上がってきています。数十社は常時稼動している会社があるので取引先の管理も大変だとは思っていました。

簡単でかなり使いやすい

URIHOを導入したキッカケは?

実は去年と一昨年に2件取り込み詐欺的なのにあって・・・。
今までは良いお客さんだったり、事前に察知できていたんですけどね。以前は他のサービスを検討していましたが、保証料とか考えるとちょっと割に合わないなぁというのがありました。また、一件一件の申請や更新の作業をしなくてはならないのが面倒くさくて・・・。こんなにお客様の申請とかを細かくやっていたら手間がかかりますし、何回か使おうと思ったこともあったんですけどやっぱりイメージが湧かなかったり。
そんなときに広告でURIHOっていうのが出てきて最初はピンと来ていなかったんだけど、たまたまじっくり見たときに「あ、これはいいかも」と思いました。

導入してみてどうですか?変化はありましたか?

正直言って、当社にはかなりフィットしているサービスだと思っています。
2次効果的なものにはなるのですが、保証会社を利用していることを仕入先に伝えたので仕入先に対する信頼度が上がったのがかなり大きなところです。最近では仕入先の方が足を運んでくることも多くなり、積極的に販売を促すようになってきています。当社のようなネットを駆使してやっている業者はなかなか信頼を得ることは難しい。なので、保証をかけていることを事前に伝えるというのも有効な手段だとは思いました。

URIHOは画面操作も簡単でかなり使いやすいと思いました。
手間もかからず本当に助かります。それに、しっかりした店舗であっても否決されたりするので、自社では把握できないリスクがわかったりするところも大きなメリットです。

URIHOが否決したら取引しないっていうのは取引先に伝えています。
URIHOが否決しているものを自社でリスクを負って取引したときに、万が一何かあったら後悔するので、そういう基本方針でやっています。与信管理的な部分では、いつも助けられています。やっぱり取引先に対する信用にもなるっていう部分は一番大きいと思います。安心度が全然変わりますよ。特に少額の保証を何社も掛けることができるサービスですから、そんなに大きい金額を掛けるところはないでしょ。特に弊社みたいに客数の多い会社で、全国に取引先があって、会ったことも無いのに3年も4年も取引をしたりするような会社には有益なサービスだと思います。

URIHOで自信をもって新規の拡大をしていきたい

今後の展望を教えてください

ファーストリフォームは去年ぐらいまでで一回新規を止めて、今あるお客様を成熟させていくっていうのをやっていました。稼働率を上げるってことはイコール昔でいうと掛売なんです。口座振替だとやっぱり敬遠する企業さんも多いので、みんな掛売を使います。そうするとやっぱりリスクも増えていくんですけど、昔はそのリスクを超えてでも弊社としては掛売にしないと売上が上がって行かないし、安定しないと思ってやってきました。

今はまた新規の拡大に注力しているのですが、URIHOがあることによって自信をもって拡大していくことができると思っています。

Profile

会社名
フロム・ファーストステップ有限会社
住所
〒131-0035 東京都江東区佐賀1-15-1
事業内容
住宅資材の販売
URL
http://fromfirststep.com
お客様の声TOP次の記事